債務整理の方法について

「借金で首が回らない」という言い回しがありますが、
あちらこちらから金策を重ねてもう、どこにも頼れなくなっている状況が
思い浮かべられます。
「多重債務」の状態です。

解決する為には、債務整理をすることが必要になります。

では、どんな方法があるのかというと、
一般的には4つの方法があるようです。

まだ傷が浅い場合は、「任意整理」という方法があります。
債権者との間に弁護士や司法書士に入ってもらい、
利息などを計算しなおしてもらう等で
利息や月々の返済額、借金総額を減らす方法です。
整理した借金は、3年から5年で返済する必要があります。

今 しきりに叫ばれている、「過払い金」が発生した場合には、
取り戻す事も出来るという事です。
ですが、弁護士費用の方がお高くつくようです。

次に検討すべきは、「特定調停」です。
簡易裁判所を通して借金額を圧縮する手続きで、利息額や返済条件を見直して
3年程度で返済できるようにする方法です。

任意整理と似ていて、弁護士などに支払う費用が節約できますが。
異なる点は、本人が直接 債権者と交渉する手続きであり、
一件につき1000円程度で済むようで、諸費用的には安くなることです。

借金額が嵩み、大幅な減額が望まれる場合には、「個人再生」という方法が
あります。
借金額に応じて、裁判所によって決められた最低弁済額を
3年間滞りなく支払えば、他の借金がチャラになり、財産の差し押さえも
免れることができるというものです。
但し、借金額に上限があることや、
弁護士や裁判費用が高くつく等の、クリアすべき条件はあります。

借金は増えるは、職は無いは…
にっちもさっちも行かなくなった場合に 最終手段として「自己破産」
が控えています。
借金が帳消しになる代わりに、財産も差し押さえられます。
必要最低限の財産以外は全て没収されて、債権者への返済に充てられるのです。

一から出直し、というリセット法ですが、
借金の理由がギャンブルなんかであると、許されないテであることは
知っていないといけません。