もともと料理が得意だったり、野菜が好きな人なら
妊娠初期に必要な葉酸を食事から摂ってみようと思いますよね。
葉酸400マイクログラムはどのくらいの野菜を食べる必要があるのか、
いくつか具体例を挙げてみます。

茹でたほうれん草二束400グラム、
茹でたキャベツ小玉二つ分およそ800グラム、
茹でたアスパラ10本。

もちろん、同一種類のものだけで400マイクログラムを
カバーする必要はありませんが、
それでも結構な量の野菜を食べなくてはなりません。

これは葉酸は熱や水に弱く、調理の過程で半減してしまうからです。
こんなに野菜を食べたら、野菜だけでお腹がいっぱいになり、
他のおかずが食べられない可能性があります。
葉酸を意識するあまり、
かえって栄養バランスが悪くなってしまうかもしれません。

妊娠初期はつわりや体調不良もおきやすいので、
バランスの悪い食生活をすると体力が急激に低下してしまいます。
野菜だけだと大変なので、動物性のレバーなども摂りたいところですが、
レバーの摂りすぎはビタミンAの過剰摂取になることもあります。
ビタミンAは妊娠中に多く摂り過ぎると、
胎児に悪影響があるといわれています。
なので、レバーを食べるときは気を付けなくてはなりません。

実際に私が経験したことですが、
鉄分が強化された葉酸サプリを飲んだところ、かなりの効果が実感できました。
私は普段から貧血気味だったのですが、
妊娠中はさらに貧血がひどくなる人が多いなか、
私はまったく症状がありませんでした。

妊娠以前は健康診断のたびに貧血を指摘されて、
再検査を受けるくらいでしたが、
サプリのおかげで妊婦健診での貧血検査では一度も注意されることもなく、
順調にマタニティライフを過ごしました。
サプリはさまざまな工夫がされていて、
吸収率が高いのでそれだけ効果も期待できるようです。
おそらく鉄分と同様、葉酸も体内でしっかり効いていたと思われます。

妊娠中に食生活を改善するのはとても大事なことですが、
継続できないような無理はしてはいけません。
ぜひサプリの力も借りて快適に過ごしていきましょう。