もしも財産を生前贈与するなら12月31日の大晦日に

もしも家族などに財産を生前贈与したいのであれば、
12月31日の大晦日に行うのが良いですね。
それもできれば日付が変わる直前というのが良いでしょう。
なぜならその日その時が贈与税の区切りですので、
そのタイミングで控除上限の110万円になるよう調整して贈与すれば、
間違っても税金が発生してしまうということはなくなるからです。

贈与税というのは複数の人から贈与された金品の合計で計算されます。
ですので110万円までなら大丈夫と適当にそれを渡してしまうと、
他の人から渡された分と併せて税金が発生してしまう可能性があります。
それを避けるために年末まで待ち、かつこれまでの贈与額を計算しておき、
きっかり110万円までとなるよう最後に調整するのです。