相続税、自力で申告するための第一歩

ウチは、義父が急に亡くなって
まるで、用意していないままに
先祖代々から住んでいる土地と屋敷を
義母と一人っ子の主人が相続しました。

相続税の対象になるか、ぎりぎりの土地価格で
うまくすれば、相続税はかからないかもしれないけれども
申告は必要だろう、という微妙なところだったのです。

しかも、ちょっと広い土地には、
全部に棟続きの二世帯住宅が建っていましたから
余った場所を切り売りするとか、そういう事もできません。
主人は、リストラ後にアルバイトなどはしていましたが
義父が亡くなった時には、また無職でしたから
現金収入も貯金も無い状態。

相続税は10ヶ月以内に、基本は現金で一括納入しないといけません。
税理士さんなどに相談できれば
もしかしたら、いろいろな方策もあったのかもしれませんが
税理士さんにお願いする予算が、そもそもありませんでした。

それで、とにかく自力で調べて
自力で申告するしかありませんでした。
さいわい、市役所の税務などの無料相談の窓口を見つけ
それに、せっせと通いました。
税務署にも相談に行きました。
でも、それで、だいたいの流れはわかってきました。

市役所の窓口で、公図のコピーをとったり、
固定資産税などの書類を出してもらったり
とにかく、窓口で何から手をつけたら良いのか
聞けば教えてもらえます。
国税庁のHPにも載っていますので、まずはそれを参考にされるのが
良いと思います。