頸椎捻挫とストレートネック

昨年の9月頃、ある日の朝ベッドから起き上がろうとしたら、首が痛くて動け
ない。横向きになってサイドレールにつかまり、ヒーヒー言いながらなんとか
ベッドから出る事は出来たものの、髪を梳かそうにも激痛、食事をするにも激
痛……。
このままだと日常生活ができない。
それでもその日のやるべきことを済ませ、時計を見ると既に午後3時。
これから病院へ行くにはちょっと遅い。
そろそろ子供が下校してくるし、習い事への送り迎えもある。
徒歩で50歩ほどのところに整骨院はあるが、子供が下校する前に帰宅するのは
無理だろう。
整形外科へ行けばかなりの待ち時間もあるだろうし、と考え、子供を習い事へ
送った後、習い事が終わるまでの2時間半後までに間に合うように迎えに行け
そうな、習い事の施設の近くの整骨院へ行く事にした。

そこの整体師さん曰く、相当ヒドいですね、と。
交通事故ではないですよね、と聞かれたが、全く身に覚えがない。
その日は、施術をうけるのも結構痛かったので、湿布を渡されて帰った。
次に行った日は、別の整体師さんで、前回の方より施術自体もすごく上手で、
さらに経験・知識も豊富な方だったのだろう。
「あなた、ストレートネックですね」と言われた。
整形外科へ行ってレントゲンを撮ってもらうことをお勧めします。と言われた。

整形外科へ行ってレントゲン写真を見たら、横から見た頸骨の反りが、確かに
普通の人とは逆だ。
通常S字型になっている骨が、ストレートどころか、Z字型だった。
ちなみに、診断の結果、病名は頸椎捻挫。
「あなたは、肩こりしやすい骨格です」と言われた。
うん、そう、こりやすい。というか、何時もガチガチ。
そうか。骨格のせいだったんだ!

手で触れただけで骨の形が分かった整体師さん、スゴ過ぎる。ゴッドハンドだ。