ダイエット中に訪れる“停滞期”は気にしない!

ダイエットをしていると みなさん ブチ当たる 壁のようなもの、それは“停滞期”。
今まで順調に減っていた体重が、急に まったく減らなくなって、
気持ちが萎えてしまう人が多いようです。
この“停滞期”、3日で終わる人もいれば、2週間ほど続く人も います。
この“停滞期”にブチ当たると、「もう全然 痩せない…」と嫌になり、
ダイエットを やめてしまう人も いるようです。
確かに、一生懸命ダイエットをしているのに 全然痩せてくれないと、
「なんで痩せないの!?」と、悲しみ や 怒り の感情すら湧いてきます。
でも、この“停滞期”が やってきたということは、
“体が より痩せるための準備期間に入った”ということなので、
そんなに気に病むことでは ないのです。
人間の体は、「これ以上 痩せたら 危険だ」と勝手に感知し、防衛本能が働き、
体に一生懸命 栄養分を溜め込もうとします。
これが、俗に言う“停滞期”の正体です。
体が、「これは危険な状態ではないんだ」と 分かれば、この“停滞期”は去っていきます。
そして、この“停滞期”が終われば、ちゃんと痩せていきますので 心配ありません。
焦らず、ゆっくり、ダイエットを続けていきましょう♪
ダイエットには、イライラも禁物です!
この“停滞期”は、3~5㎏ 痩せるごとに、やってくることが多いです。
何回も やってくることも覚えておけば、怖くないです(^^)d
今、“停滞期”を脱するために、一日だけ“爆発日を もうける”
なんてものも 流行しているようですが、私の体質には どうも合いませんでした。
この方法は、体質に合う、合わない、があるようなので、
それだけ注意して行いましょう。
“停滞期”なんて気にしない!!で、がんばりましょう(^o^)/