消費税が上がったことについて

消費税が上がると言うのは、
自民党が政権を取った時から分かっていたことだろう。
「上がる可能性があった」と言った方がいいか。

でも、本人たちも消費税については言及していて、
有権者もそれは話題にしていた。
それを承知で、自民党に投票したんじゃないの?
今になって消費税が~と言うのはナンセンスだ。

消費税は上げない方向性と言っていた政党も、
中にはあったわけで。
だけど自民党が政権を取った。

考えなしに安易に投票した人もいるだろうが、それも一票だ。
考えようが考えまいが、一票に変わりはない。
それをフラットにしたものが民意だろう。
日本国民が、「消費税は上げてもいいよ」と言ったのだ。

それに、消費税だけが問題ではないだろう。
安倍政権になってから、株価が上がっているのは確かだし、
外交にしても積極的に、強気に出ている。
そういう部分も評価の対象で、総合的に、消去法的に、
「まぁ、自民党か」という結果だったと思う。
個人的には妥当な、納得な結果ではあった。

とにかく、消費税は今後も上がり続けるだろう。
抗いたくとも、政治なんていう大きな概念に、
個人で立ち向かうことは無理だ。
できることは、それはそれとして、
自分たちがどう幸せに生きるか、ということだ。
大きな力に文句を言っても仕方がない。
大事なのは、守るべき身の回りだ。
そのことを真剣に考えなければならない。