相続税を考えるということ  

相続税を考えることはどういうことでしょうか。
土地と家を持っている以上は相続税の問題は避けられないのではと考えます。
資産のある人は、特に相続税をきちんと払う必要があります。
そうしないと、低所得者の暮らしなどに影響してくるからです。

お金持ちの人はたくさん税金を払うことで、
世の中の不公平感を正します。
低所得者層にとって大切なことはあまり税金がか
からないようにすることです。

消費税をアップするということは低所得者層にまで
課税をお願いするということに変わりはありません。

なので、消費税をアップしてもそれに見合った割合で
資産のある人はもっとたくさんの税金を払っていける
ような税金の仕組みにしていくことが大切になります。

つまり、強者が弱者を背後から助けるという
社会システムが必要なのだと思います。
相続税は消費税で足りない部分を補う強力なアイテムというか、
社会システムだと言えます。

他にもいろんな税金がありますが、
国民が納得して払えるようにするためには、
常に公平感を基本に税金を課税していく
社会システムを維持していくことだと思いますね。

税金が国を作っていくので、一人ひとりの生活の権利を守り、
幸福を享受できるようにする社会システムを築いていくことで、
高福祉低負担の状態に近づくことができれば理想ではないでしょうか

政府でそのための活発な議論が大切ではないかと思います。
なんと言っても、相続税の課税を充実させていくことが
今もっとも問われているのではないでしょうか。